子供でも簡単にできる英語スペルの覚え方

子供に英語の教育を受けさせたい。そう思っている親御さんは多いハズ。しかしながらなかなか英語のスペルが書けるようにならない…。ここでは子供に英語のスペルを効率的に学ばせる方法をご紹介いたします。

 

 

日本の英語教育はこれまでは中学校から指導する形をとっていました。しかし、近年では小学校の授業から英語を取り入れるようになってきています。語学は早い段階で学べばそれだけ身につきやすくなります。しかし、一方では常にその語学に触れていかないと簡単に忘れてしまうものでもあります。

 

子供の時、特に小学生の段階で英単語を「聞く」「話す」「読む」「書く」という語学の4つの基本技能を身に付けておくと、中学校に入って文法を勉強する時に大きく遅れることなく高校受験まで対応することができます。

 

英語をはじめとする語学で大切なのはとにかくスタート。

ここの部分をブレなくしっかり学ぶことこそが外国語を学ぶとても重要なことです。

 

とはいっても日本語同じ「ことば」です。

 

我々がどのようにして日本語を聞き、話し、読み、書くようになってきたか、そのルートを逆にたどっていくことが大切なのです。

 

つまり、外国語も同じルートをたどっていけばいいのです。

 

中学校の英語で多くの子供たちが絶対といってもいいほど苦労するもの、それは英単語のスペルを覚えることです。

小学校でローマ字を習いますが、英単語はそのローマ字の発音どおりに書いても正しいスペルにならないことがほとんどです。
だから皆、苦労するのです。

 

そこでスペルを覚えるのにヒントとなるのが漢字を覚える方法です。

 

漢字のみならず言語はみな、読むことができなければ書くことができないようになっています。

皆さんにも「読めるけど書けない」という漢字はいくつか思い浮かぶことと思います。

ですが、「書けるけど読めない」漢字はいくつ思い浮かぶでしょうか。

ほとんどの方が「思い浮かばない」と答えることだと思います。

 

 

英単語のスペルを覚える時もそれと同じなのです。

 

 

何回かいても覚えられない、覚えてもすぐに忘れてしまう単語は、正しく読めない単語ばかりのはずです。ですから、スペルを覚えたい場合はまずは英単語をスラスラと読めるまで声に出してから書く練習をするのです。

 

個人差はあるものの、必ず書けるようになります。

 

どんなことでも身に着くまでには時間と労力を要します。

 

根気よく諦めずに練習することを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です