子供の英語教育にはラズキッズ(RAZ KIDS)がオススメ!

世界中の学校でリーディング副教材として利用されているオンライン図書システム、RAZ KIDS(ラズキッズ)。基本的なフォニックスやダイグラフを勉強したら、このシステムさえあれば発音も絵本読みも完璧です。その画期的な内容と申し込み方法をご紹介します。

ラズキッズってなに?

 

Raz Kids(ラズキッズ)とは英語圏でリーディング副教材として使われているオンライン型図書システムの事です。

サイト:https://www.raz-kids.com/

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2

ラズキッズは一般的に学校や英語学校などのクラス単位で利用されている、リーディング、リスニング、内容理解を学ぶための画期的な教材です。

現時点でも世界中の先生(学校)がライセンスを購入し、そこに生徒の名前を割り当て、それぞれのパスワードでログインすることで先生側も各生徒の学ぶ過程を管理できるという仕組みです。

このシステムを家庭で使う事により、英語圏の子供たちと同じ英語教育を受ける事ができます。

ラズキッズのレベル分け

ラズキッズには大きく分けて8つのカテゴリーに分かれていますが、まず最初に始めるには①az Kidsが良いでしょう。

<カテゴリー>

①Raz Kids

Raz-Plus 

Reading A-Z

④Headsprout

⑤Science A-Z

⑥Writing A-Z

⑦Vocabulary A-Z

⑧Ready Test A-Z

Raz Kidsは29レベルに分かれており、400冊以上のリーディングができるようになっています。

また、毎月新しいリーディングが増えていくため、同じ内容の物しか読めない、という事にはなりません。

それでもRaz Kidsを全部読み終わってしまった、という子供には②Raz Plusを購入しましょう。

Raz Plusには50,000冊以上のリーディング素材が入っています。

読む、聞く、答える

ラズキッズを開くと沢山の絵本の表紙が並んでいます。

その中から読みたい絵本を選び、表紙の下にある「自分で読むマーク」または「読み聞かせマーク」を選びます。

 img_3330

自分で読む、を選んだらページをめくって子供自身に英文を読ませてみましょう。

その後、読み聞かせマークを押すと女性の声、男性の声、子供の声と実に様々な読み手によって絵本が読まれていくと同時に、読んでいる個所に色がつくので「今どこを読んでいるかわかる」仕組みになっています。

img_3331

最後に質問のボタンを押すと、内容に沿った質問が出されます。ここでもスピーカーのマークがあり、読み方がわからない場合は読み聞かせが開始され、自分で発音を確認できるようになっています。

ここで子供が内容を理解しているか?を確認することができます。

img_3332

そして、それぞれの項目を終わらせると星がもらえます。

その星がたくさん集まると、サイト内のロボットのアップグレードができるなど、子供のリーディングに対するモチベーションアップも考えられています。

img_3333

ラズキッズのサイトには2週間無料トライアルがあるので、まずはそこから始めてみましょう。(Start My Free Trialをクリック)

申し込み方法

ラズキッズを使用するには、団体で申し込む方法と個人で申し込む方法があります。

共同購入

まず団体で申し込む方法についてですが、インターネットで「ラズキッズ 共同利用」と検索すると実に多くの方々がラズキッズの共同購入者募集をしているかが分かります。

この共同利用をまとめている方は企業もいれば個人の方も多いようです。

どちらにしてもラズキッズの販売元とは関係がない方々になりますので、共同利用をする場合は信頼のおける企業または個人を選ぶようにしましょう。

共同購入をすると、とりまとめ役がそれぞれにアカウントとパスワードを配布します。

そして、そのアカウントに入った直後からリーディングを開始できます。

しかし、ラズキッズの契約期間が1年~になるので、何月から共同購入します、という制約付きになります。

もしくは、途中で空きが出たので「○月まで○人募集します」という形もあるようです。

どちらにしても、共同購入は人気が高くすぐに満席になってしまう傾向があるようなので、前もってとりまとめ企業・個人についてよく調べておきましょう。

共同購入の良いところは年間の費用が数千円程度に抑えられるという点です。

もともと、ラズキッズは一つのカテゴリーを$120~程度で購入し、それを生徒数に応じて分配していく形ですから、人数が増えれば増えるほど、一人に対する単価は安くなります。

個人購入

このような共同購入に入らず、家族だけで使いたい場合はラズキッズのサイトに行き申し込みをしましょう。

1つのカテゴリーで数万円と聞くととても高く感じますが、これだけの数の絵本を購入し、親が読み聞かせをし、親が内容に沿った質問を子供にいくつも出す、という事を考えるととても安いのではないでしょうか。

購入方法はとても簡単です。

サイトの「ORDER NOW」をクリックし、「Family or Home」「New Customer」を選択します。

画面が変わったら、一番上の「Raz-Kids」にチェックを入れて下のスクロールから契約期間を選びます。まずは一番短い「1 Year」を選ぶと良いでしょう。

右側にある「Continue Order」を押して個人情報を入力、支払方法を入力と進んでいきましょう。

まとめ

ラズキッズのようなリーディング教材はとても画期的で、ただ読むだけでなくその文章にある背景なども考えなければ質問には答えられないようになっています。

自分で図書館や本屋に行って時間をかけて英語の絵本を選び、子供と一対一で読み聞かせをし、内容について様々な角度から質問をしていく、という親の労力を考えると、この教材はとても効率的で、世界中で利用されている理由が良く分かります。

自分の発音に自信がないお父さん、お母さんにも安心なラズキッズで子供の英語力を伸ばしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です